To approach a Service Design project you need to think holistically, think systemically, and think about the end-to-end flow as PEOPLE move through the service (on both sides of the counter). And you need to look under the bonnet at the processes, systems and infrastructure required in order to deliver on that service.

If you have a hammer… the UX perspective on Service Design

We don’t make films to make money, we make money to make more films.

Walt Disney

Digital Natives are Constantly Multitasking
When we add up all the online activities in the “average” day of a Digital Native it results in 27 hours! They often have multiple screens open and a number of programs running simultaneously, dividing their attention and distracting them. All this multi-tasking can take its toll.

Digital Natives are Constantly Multitasking

When we add up all the online activities in the “average” day of a Digital Native it results in 27 hours! They often have multiple screens open and a number of programs running simultaneously, dividing their attention and distracting them. All this multi-tasking can take its toll.

スポーツで分かりやすく例えられています。
ある学生のバレーボール選手にチャンスが巡ってきました。あなたは代表チームに入り一年をベンチで過ごすか、ワンランク下のチームのスタメンとして一年過ごすかそのボーダーラインに居ると宣告されます。あなたならどちらを選択しますか。自分より優れた選手と共にプレーすることが出来るなら、より高い次元で考え、より多くのことを学ぶことが出来る、そう考えたその選手は翌年、代表メンバーのスタメンになっていました。
このことは仕事やその他いろんなことに言えるかもしれません。より優れた人たちと共に過ごすチャンスが訪れたら、そこは「挑戦」の一択ですね。

自分よりも優れた人と働けばより多くを学ぶことが出来る。 講演マリッサ・メイヤー

そしてもうひとつ強調したかったのは「ココロとモノ」という点である。「物理的にも動線としても無駄なく調和が取れているから、問題ないでしょう」というスタンスでは本当の意味での顧客価値は創造できない。そこに必要なのは、デザインする側とサービスを提供する側と同時に、それを体験し、価値を享受する側のココロである。サービスを体験するプロセスの中で、お互いにどのようにココロが動き、満足感や幸福感を感じるか…、すなわち、上記で”喜びや感動”が生まれるか、それも含めたデザインであることが大切だと感じるからである。

サービスデザイナーが行く!~未見の価値共創への挑戦~

(ものが)どこからどのようにして生じたというのか?ものから、ということも考えることも、わたしはおまえに許さぬであろう。なぜなら、ということは語ることも考えることもできぬゆえに。またそもそも何の必要がそれを駆り立てて以前よりもむしろ後に無から生ずるように促したのか?かくしてそれは、まったくか、まったくかのいずれかでなければならぬ。

無からは何も生じない

(Source: Wikipedia)

日本人の皆さんは、「ハチ公」の物語を知っていますよね。学校の先生や親たちは、子供たちにハチ公の物語を語り聞かせます。なぜでしょうか。犬好きだから? 違いますよね。ハチ公の物語の核心は、忠誠心です。忠誠心の大切さを子供たちに理解させるために、ハチ公という「物語」にそれを包み込むのです。製品についても、それと同じことが必要なのです。

経営をクリエイティブにする「共感」「実験」「物語」デザイン経営の権威、米IDEOのトム・ケリー氏に聞く

Collaborative thinking enhances the brain’s natural capacity to make new links, which in turn strengthen the initial idea. There’s no place for ego—it’s important to be open and welcome this flow of others’ thoughts.

Structuring a New Collaborative Culture

Doing good science is … like having good sex. It excites you all over and makes you feel as if you are all-powerful and complete.

Secrets of the Creative Brain